ペット保険の落とし穴に気をつけて

わが子同然の愛犬、愛猫がケガをしたり、病気になった時のことを考えてペット保険に加入しようと思ったけど、どれを選んだらいいのかわからない、といった方は多いのではないでしょうか。
保険の種類はさまざまありますので、どれを選べばいいのか悩んでいる方に向けて、比較ポイントと注意点を解説します。

ペット保険は人間の健康保険と同じように一定率の負担をしてくれるところが多いです。70パーセント保障なら保険で払われるのが70パーセントで残り30パーセントが自己負担ということになります。一般的に50パーセントから80パーセント程度の保障のものが多いですが中には100パーセント保障の保険もあります。
しかし保障の率と保険料だけみて決めてしまわないように注意してください。

100パーセント保障の保険でも治療、通院にかかった費用全てを保険で賄えるとは限りません。なぜかというと、ペット保険は保障の総額、回数に上限がついてるものがほとんどだからです。

保障される割合が大きいほど保障の上限にたどり着きやすいのでかかる金額によってはかえって負担額が大きくなってしまうおそれがあります。このように保障が高率なほどいい保険というわけではないので気をつけてください。キレイモキャンペーン